岡山県西粟倉村SDGsスタディーツアー

8月24日~26日、「SDGsスタディーツアー」のため岡山県西粟倉村に行ってきました。
本当は学生を連れて現地に入る予定でしたが、コロナ感染予防のため、全面遠隔になりました。
25日は現地ライブ中継で、役場地方創生推進室参事の上山さんの講話の後、上山さんの案内で、地域熱供給施設、木材集積場、温泉施設の薪ボイラー、小水力発電、ローカルベンチャーの拠点施設である旧影石小学校で(株)エーゼロさんの間伐材の燃料としたウナギやイチゴの養殖現場を見せました。26日は、岡山大学の岩淵先生、岡山県立大学の学生団体√クリエイトの岡村くんと西村くんとともに、大茅集落に行き、公民館で古文書の電子データ化作業をしたり、大茅地区地域活性化協議会会長の井上さんのお話や、井上さんの案内で芝桜公園、たたらばの集落跡地などを見て回り、これらをライブ中継しました。
また、9つの班に分かれて、村内のSDGsの取り組みを取材し、発表しました。芝浦工大生17名、岡山大学生2名、岡山県立大学生1名、ノートルダム清心女子大学生1名、立命館大学生1名それに林野高校生3名が混成チームを作り、遠隔でモニター越しに取材し、記事にまとめました。発表会や交流会も学生主体で企画・運営しました。
取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
また実習の時間外を利用して、役場職員やローカルベンチャーさん向けのSDGsの研修会や部署ごとのSDGs宣言を考えるワークショップを実施しました。ローカルベンチャーの生みの親、牧大介さんとようやくお会いできて嬉しかったです。
 

オンラインゼミ実施中

大学はコロナの影響で学生は入構禁止になっており、前期の授業場5/11からすべてオンラインで実施されています。

中口研究室のゼミは4月から毎週オンラインで行われています。

今年のゼミ生は修士1年が2名(中国からの留学生)、4年生が3名の計5名で、ちょうど良い人数です。

今年はSDGsに熱心な企業とタイアップして、その企業の技術を地域課題の解決に役立てる方法の提案を企業に対し行い、提案をその企業、対象地域の行政や住民、当研究室のパートナーシップで実践していきます。

対面でないので密度の濃いゼミ活動ができているとは言えませんが、埼玉県、岡山県などの統計データ解析やGISのトレーニングなども行いつつ、提案の具体的な内容がだんたん固まってきています。

OBとオンライン飲み会

4月18日、土曜日夜のWEB飲み会、進行中です。
先週の土曜日は芝浦工業大学環境システム学科のOBのみなさんと飲みました。
20~23時に最大時はOB10名、現役5名、子ども6名、ネコ1匹の参加がありました。
ヴァーチャルだからこそ、さまざまな年代が交流することができて面白かったです。

研究室で卒業証書を授与

コロナウイルスのために卒業式は中止となり、研究室内で卒業証書を授与しました。今年の卒業生は、さまざまな事情から、1人だけですが、次期の研究室メンバーも集まって門出を祝いました。

SDGs先進都市として有名な岡山県真庭市でゼミ合宿

2019/9/24~9/26、SDGs先進都市として有名な、岡山県真庭市でゼミ合宿を行いました。

移動と見学・説明の繰り返しで、スケジュールの詰まった日でした。真庭市のバイオマス発電やSDGsイベントの説明、高校生とのマイバックづくりを通して新たな知識、新鮮な体験が盛りだくさんでした。また、真庭市のテレビ局の方が1日同行していて、このゼミ合宿の内容を取り上げていただきました。夜の、真庭市役所の方々との懇親会は勉強になるお話だけでなく、フランクにたわいのない会話も交えてとても楽しい時間でした。

地域での薪を有効利用した循環について、実際に薪に触れたり
しながら説明を聞きました。その後に、薪ボイラーを見学し、広大な森林を利用したアスレチックである「真庭トンボの森」へ行き、大自然を満喫しました。急な登りや足元のぬかるみなど、なかなか過酷な道のりでした。

真庭SDGsパートナーである「真庭あぐりガーデン」さんにて、地元の食材を使ったお弁当を頂いた後、SDGsに関する活動内容の説明を聞きました。

真庭高校で、いらなくなった制服などの布を利用して作っている、マイバックの製作のお手伝いをさせていただきました。高校生とコミュニケーションを取りながら、微力ながら頑張りました。大学や勉強のことをたくさん聞かれたり、逆に高校生活について聞いたり、とても楽しく、新鮮な時間でした。

 

SDGsフォーラムで子ども体験を実施

12月21日に行われた第1回次世代SDGsフォーラムで、本研究室の学生が「ながぐつ先生と遊ぶ会」の親子を案内しました。

子どもたちは屋外でのさいたま市役所や企業のブースで体験した後、屋内で、紙ストローを使った竹とんぼ作りをしたり、海辺に落ちているプラスチックをステキなアクセサリーにかえるマジックを体験したりしました。

深谷のワーカーズコープさんにお邪魔しました We visited to Workers Coop.

凡です。私たちは「豆腐工房」に来ました。

ここで見られる豆腐加工の手順は、基本的に中国のものと同じであり、非常に興味深いと感じています。

中国と日本の豆腐作りの歴史はほぼ同じです。まず、浸した豆を機械で粉砕し、次に豆の残渣を少し発酵の後二回粉砕して、ハード豆腐を作り、残りの豆乳を绢豆腐にします。1つの非常に興味深い点は、中国が豆腐の製造によく使用するものの1つは、「卤水」と呼ばれるもので、実は石灰水であり、健康に有害です。日本はそうではありませんが、どんな物質が使われているのか理解できませんでした、日本語下手です。中国は石灰水の量に応じて豆腐の硬さを決定し、硬い豆腐が多いほど、柔らかい豆腐は少なくなります。しかし、日本は完全に異なっており、硬い豆腐と柔らかい豆腐はすべて同じ濃度で、唯一の違いは配置時間が異なることです。

ちなみに、ここで作った豆腐はとても美味しく、杏仁豆腐を食べている感じがします。

その後、コーヒー包装のワークショップに行きました。そこでは、障害を持つ人々が紙の殻を作っています。

それから、私たちは深谷の地域にある高齢者介護センター「だんらん」に来ました。ここの老人たちはプロの世話をしており、ゲームや手作りなどの非常に豊かで興味深い活動に参加しています。また、高齢者が栄養価値高いの食べるものは、労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会が生産し、それを自分見た後、この事業は非常に有意義だと感じています。

正午の昼食の弁当はコープによって提供され、使用の材料は全部彼ら自身出産のものです。 食事の過程で、担当者は、高齢者のケアや障害者の社会への統合など、多くの関連知識も説明しました。

非常に社会的意義を感じ、生産と人間の生活を組み合わせることができます、私は環境学に関するもっと深い理解を持っています。

新年度の研究室スタート The laboratory for the new year has started. 

The laboratory for the new year has started. This year, we are small with two fourth graders, one two-year master’s course and one research student. We are currently in the process of reorganizing the document layout and laboratory.

新年度の研究室がスタートしました。

今年は4年生2人、修士2年1人、研究生1人の4名とこじんまりしています。

現在書類整理、研究室レイアウト改造中です。

しま幼稚園に子どもがいる家族6組が遊びに来てくれました

Six families in a nearby Shima kindergarten came to my laboratory.
3月9日(土)に大学の研究室に、近隣のしま幼稚園に子どもがいる家族6組が遊びに来てくれました。
宝探し(ドイツのお菓子を見つけたり隠す)、お絵かき、桶入れゲーム、的当てゲームなどをして楽しみました。
本学の機械制御学科のI先生の息子さんがしま幼稚園に通っており、奥様が声かけしてくれて実現しました。Iさんをはじめ、来てくれたお父様、お母様、それに赤ちゃんから小学生までの子どもたち、ありがとうございました!
ようやくお膝元でも、子どもとの交流から、保護者の方も含めた交流へと一歩踏み出すことができました。